障害年金 申請 手続き

障害年金申請の手続きを成功させます

 

障害年金を申請する方法がこれでもかというぐらいに書かれたマニュアルはこちら↓
鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル

 

障害年金の流れを知って、万全の準備で申請しましょう。
日本年金機構を見ると、
20歳未満のときに初めて医師の診療を受けた者が、障害の状態にあって20歳に達したとき、または20歳に達した後に障害の状態となったときに受け取ることができる。
と書かれています。
障害年金の申請が許可されず、不服申し立てをするのは大変です。適切な手続きで1発で勝ち取りましょう。
障害年金は知的障害、統合失調症、うつ病でも受け取ることが出来ます。代行ビジネスもありますが、審査が下りなくても責任を取ってくれないのですから、自分で申請・請求するようにしましょう。受給資格の中に、医師の診断書があります。それを用意して、申請用紙を受け取り、申立書を書き上げ、申請窓口に行きます。必要書類が欠けていると、申請窓口に2度以上行かなければならなくなります。認定基準は設けられていますが、現実は申請方法の手続きをうまくやれば、認定基準を満たさなくても、ちょっと無理矢理満たせます。障害年金は、障害を持った人の生活保護のようなものです。

 

障害年金のサポートは、この↓マニュアルを持っていれば一人でも十分にできますよ!

 

障害年金を申請する方法がこれでもかというぐらいに書かれたマニュアルはこちら↓
鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル