障害年金 申請 代行

障害年金申請の代行は頼まないで!

社会労務士に頼めば、障害年金の申請の手続きを代行してもらうことができます。しかし、障害年金の申請をして審査が下りなかったらどうするのですか?経験豊富な人でないと、進め方に失敗し、障害の評価が下がり、障害年金がもらえなくなる危険すらあります。
障害年金を申請する前に

医師の診断書
病歴状況申立書

の正しい対策方法を知っておかなければなりません。

 

障害年金を申請する方法がこれでもかというぐらいに書かれたマニュアルを手に入れれば、
あなたも障害年金がもらえるようになるはずです!
うつ病で870万円をもらえた人が徹底的に障害年金申請を解説したマニュアル↓
鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル

 

 

障害基礎年金の金額は、
障害等級が1級の場合、年額986100円
障害等級が2級の場合、年額788900円
です。(平成23年度)
障害年金に所得制限があると誤解している方がいらっしゃいますが、一般的に所得制限はありません。
20歳前傷病を理由としている障害年金には所得制限が伴います。20歳になる前に、例えば先天性の障害などで、初診日があった場合、制限がある場合があります。
20歳以降に初診日があれば、障害基礎年金に所得制限はありません。
障害年金はアスペルガーや統合失調症など、重度の障害の方だけがもらえるのではなく、うつ病など、働くことが困難な人も受け取ることが出来ます。しかしそれには、医師の診断書が必要です。
また、障害年金を受け取っている人は、厚生年金も受け取ることが出来ます。障害年金は国民年金なんですね。「障害年金」と「厚生年金の国民年金分を除く額」は受け取れます。